常備する鼻炎薬の成分表示を見て気づいたこと

季節の変わり目にアレルギー性鼻炎の症状に悩まされる私は、鼻炎薬を2種類常備し、症状の重さによって使い分けています。
先日たまたま2種類の薬の成分表示を見たら、含まれている成分が全く違うことがわかりました。症状が軽いときに飲む鼻炎薬の主成分はエピナスチン塩酸塩で、鼻水やくしゃみを抑えるとともに、アレルギーを起こす原因物質を抑える効果があるとされています。
一方症状が重いときに飲む薬の主成分は、クロルフェニラミンマレイン酸塩、フェニレフリン塩酸塩、ダツラエキスです。クロルフェニラミンマレイン酸塩は鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑える効果があり、フェニレフリン塩酸塩は鼻粘膜の腫れやうっ血を鎮める効果があり、ダツラエキスは副交感神経を遮断して鼻水を止める効果があるとされています。
それまでは効能や副作用を気にすることはあっても、成分を意識して鼻炎薬を買ったことはありませんでした。でも改めて成分表示を見て、症状が重い時には鼻水やくしゃみを抑える効果だけでなく、鼻粘膜までアプローチするような薬が有効なのではないか、と改めて気づかされました。ミュゼうなじ